翻訳会社の選択

オンラインでのスピード翻訳サービスとは

海外との取引に翻訳は欠かせないものですが、自社内だけで行うのは難しく、どうしても社外の翻訳サービスを利用することになることが多いでしょう。

現在は、翻訳代行会社とオンラインで翻訳を依頼できるクラウドサービスなどが存在します。海外の企業は非常にレスポンスが早いため、正確性に加えてスピードも求められます。スピードを求めるなら、オンラインでのスピード翻訳が役立つでしょう。従来の翻訳代行会社では、コーディネーターが介在するため見積もりの段階から納品まで、時間がかかるケースがほとんどです。オンラインのサービスでは、世界各国に多数の翻訳者が在籍していることが多く、時差も利用できるため営業時間に縛られることなく、ネイティブの翻訳者が作業を行えます。

また見積もりや依頼内容と翻訳者のマッチングもコーディネーターなしで、システムによって自動化されているので時間だけでなく費用の削減も可能です。ほとんどのオンラインサービスが依頼主からの原文提供から翻訳後の文書の納品までの工程を、セキュリティを確保しつつクラウド環境を使用して行うため、納品が終了したと同時にメールでの連絡を行ったりと効率も上がります。しかし、スピード翻訳はメリットばかりではありません。最短で30分などのスピーディーさが売りのサービスも多いですが、いくらプロでも作業量には限界があります。

文字数や文書の難易度で納期が変わったり、追加料金が必要になることもあるかもしれません。さらにスピード重視のためダブルチェックを行っていないことも多く、プロの翻訳者であっても間違いがないとは断定できませんので、後で修正することができない文書を依頼する場合多少リスクがあるでしょう。翻訳サービスを選ぶときは、依頼する内容や納期などさまざまな事情を考慮して、既存の翻訳代行会社かオンライン翻訳サービスを利用するかを選ぶようにしてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *