翻訳会社の選択

翻訳サービスの使い分け

国際化が急速に進む中で、翻訳サービスの依頼、導入は企業にとって必要不可欠となりつつあります。

語学に精通した人材がいる企業ばかりではありませんし、人的資源も限りがあります。英語への翻訳はもちろんのこと、進出先の国や、取引先の企業によっては英語以外の翻訳も必要になってくるケースも起こります。翻訳サービスを提供している企業選定でもどのような言語に対応できるのか、また対応できる専門分野が適当かどうかを判断する必要があります。コストを削減したい場合、AIを導入した自動翻訳を活用する方法もあります。

AIでの自動翻訳というと、誤訳をイメージされる方も多いものですが、現在AIでの翻訳の精度は飛躍的に高まっていますので、うまく活用すれば有効なツールになります。企業を運営していく中でかけるべきコストとセーブすべきコストは必然的に出てきます。翻訳資料が多ければ多いほど、外注コストはかかってきますので、コストセーブを考えるのであれば、AI翻訳も同時並行して利用するかどうか検討すべきでしょう。

もちろん、契約書や説明書、他の会社間との協議内容など誤訳があってはならないようなシーンにおいては人の手による翻訳が安心です。それもその道の専門家による翻訳サービスを通すことで、後々トラブルを回避することが出来ます。日々大量の翻訳資料が発生するような企業においては、AIと人の手による翻訳をうまく使い分けることで業務効率を上げることにつながるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *