翻訳会社の選択

翻訳サービスの会社について

翻訳サービスの会社では当然ながら翻訳の仕事が行われていると考えがちですが、実のところ意外とそうでもありません。

翻訳サービス会社というのは一種の仲介業、代理店のような存在で、クライアントから翻訳サービスの仕事の依頼を受けた後、実際の翻訳の仕事は外部の翻訳者に任せていることが多いためです。どうして社内で翻訳しないのかというと、まず翻訳というのは作業的には翻訳者一人で行えるもので、組織やチームで行う意味合いが薄いということが挙げられます。

つまり上司が仕事の指示をし、同僚や部下と相談しつつチームプレーが必要とされる仕事であれば社内で行う必要性も高くなるでしょうが、実際にはその反対でいわば個人ワークだという意味があります。あるいは、クライアントからの依頼があって初めて発生する仕事なので、仕事量に波があるという理由もあるでしょう。

翻訳者を社員として多く抱えていると、依頼が少ない時期であっても給料を払わなければならず、会社の経営を圧迫します。仕事があるときだけ発注できるという外部の翻訳者のシステムは合理的だということです。もちろん全てを外部に依頼しているわけではないことが普通でしょう。

外部の人では、その人の都合により仕事を断られる可能性も高くなりますし、短い納期のときに無理を利いてもらえる可能性も低くなります。このような場合にも対応できるように最低限の翻訳家は社員として抱えていることが普通でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *