翻訳会社の選択

専門家集団による翻訳サービス

翻訳サービスと言えばまず専門家集団の仕事でしょう。

普通の人では辞書を引きながら一つ一つ理解していくしかない外国語の文章について、さっと読みながら日本語に直してくれるというのは並外れたスキルとしか言いようがありません。翻訳サービスなど利用せずとも、ある程度基本的な文法や構文を把握している言葉、例えば英語であれば、難しい単語やフレーズがあろうとも辞書さえ手元にあれば時間はかかっても何とか和訳することが可能という人は多いかもしれませんが、基本的な文法や構文すら把握していないような言葉ではまずこのようなわけにはいきません。

というのも、各単語には語尾とか語形の変化があって、辞書にその全てが載っているわけではないからです。英語の動詞でもそうですが、辞書に載っているのは基本形だけです。過去形とか過去分詞形などは見出し語としては普通は載っていません。これは他の言葉でも同様なので、全く基本的なことさえ知らない言葉は、たとえ辞書が手元にあったとしても和訳するのは大変なのです。

それに、普通のアルファベットで書かれている言葉であれば辞書を引くことそのものは可能でしょうが、これが慣れていない文字で書かれている言葉だとそれすら容易ではありません。ロシア語の文字とか、もっと言えばアラビア語の文字などを思い浮かべてみてください。素人には辞書を引くことさえ容易でないのは想像できるでしょう。翻訳サービスを行っている人のレベルが分かろうというものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *