翻訳会社の選択

ビジネス文書は翻訳サービスに、オフィス仕事の多様化

近頃はオフィスの事務仕事も多様化して来ました。

一人で様々な分野の作業をしなければならず、人手不足に悩む企業のオフィスでは特にその傾向が見られます。プレゼンテーション資料を作成したり、企画のアイデアを提出したり、製造部門との橋渡し役を担ったり、営業活動のアシスタントをしたりと、一人で様々な案件を同時に行うサラリーマンの方々も増加して来ました。海外のユーザーや企業とEメールでやり取りをするオフィスが目立って来ました。

グローバリズムの波は日本列島の全体に及んでいます。普段のビジネスシーンで、英文や中国、韓国語のEメールを受け取る機会が増えているかもしれません。簡単なビジネスメールであれば自分で訳せるかもしれませんが、長文のEメールを正しく日本語に訳すのは語学力がある方でも、かなりの労力と精神力が要ります。ビジネス関連の翻訳は僅かな誤訳が大きな混乱を誘発しますし、別のお仕事を抱えながら片手間に中国語や韓国語の翻訳をするのは流石にシビアです。

困った時は早めに翻訳サービスに問い合わせましょう。翻訳サービスと言えば、出版社や教育関連の企業だけが使えるサービスだと思われているかもしれません。実際はいわゆる普通の商社や個人が経営するIT系オフィスでも、自由に依頼が出せます。翻訳サービスによっては、お試しのプランが用意されており、ビジネス文書やEメールの一部を無料で翻訳してくれます。経費が掛からないので気軽に使えますし、お試し翻訳の品質とスピードを見てから依頼の合否を決めてみるのも良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *