翻訳会社の選択

翻訳サービスのビジネスとオフィス

翻訳サービスのビジネスのオフィスとはどのようなものでしょうか。

ちょっと考えると、翻訳をするのがメインの仕事なのですから、オフィスには例えば辞書とか各専門分野に関する用語集などの本がずらりと並べられていて、その中で個々の翻訳者が翻訳サービスのビジネスを進めているといったものを想像する人もいるかもしれません。確かに昔はそのようなこともあったのかもしれませんが、今ではまずこのようなことはありません。昔は、辞書や専門的な用語集というのは当然ながら紙の本であり、また専門的な書籍になればなるほど大型で高価にもなりますから個人で全てを揃えて仕事をするというのはちょっと非現実的だったかもしれません。

一般的な会社のオフィスのように、翻訳者が一堂に会して仕事をし、必要な資料は共用としておいて誰もが必要時に閲覧できるという体制が不可欠だったということもあるでしょう。しかし、今では様相が大きく異なります。まず、辞書や資料は必ずしも紙ではなく、インターネット上の電子的な形で利用可能なものが多くなりました。

価格は高価なものも多いというのは変わっていないかもしれませんが、一定の条件さえ満たせばパソコンとネット環境さえあればいつでもどこでも自由に閲覧できることも当たり前になっています。このような環境では、翻訳サービスのビジネスは変わりつつあります。つまり、多くの翻訳者が一堂に会して仕事をすることは必須ではなくなり、個々の人がそれぞれ仕事をしやすい場所で仕事することもできるようになってきています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *