翻訳会社の選択

チェック体制が問われるマニュアルの翻訳サービス

海外の企業との交渉が増える中で需要が高まっているのがマニュアルの翻訳です。

マニュアルには技術に関するものや業務の進め方など様々なものがありますが、技術者や責任者が閲覧する文書からアルバイトでも分かる平易はものまで求められるレベルも異なります。特に日本語に訳す際は誰もが分かる言葉を選ぶ必要があり、相当なテクニックが必要となります。また、仕様書や取扱説明書の翻訳は言葉の取り違いにより、大きな事故やトラブルに発展することがあります。

日本語と外国語では言葉のニュアンスも違うことがあり、ひとつの言葉の訳し方ひとつでビジネスに大きな影響を与えることがあるのです。正しく翻訳することはもちろん、現地の事情を踏まえておくことや誰に向けて訳すものなのかを明確に捉えることが必要です。加えて、各地の文化・風習の違いによる表現方法が異なることもおさえておく必要があります。日本では分かる方法でも、外国では伝わらないことも多くあります。

特にマニュアルはニュアンスを伝えるものではなく、誰もが文書に沿って作業や業務が進められるものでなければなりません。マニュアルの翻訳サービスを選ぶ際は専門用語に長けているか、現地の文化・風習にも詳しい人が揃っているかということでも吟味すると良いでしょう。マニュアルに翻訳ミスがあれば、業務のやり直しや社員教育を再度はじめから行うケースが出てくる恐れがあり、翻訳サービスを発注した企業にとっては大きな損失です。そうしたリスクを避けるためにもマニュアルに翻訳サービスに精通してところを選ぶことが重要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *