翻訳会社の選択

翻訳サービスを利用する

仕事などでマニュアルや取り扱い説明書、論文などが外国語のため読めないことがあります。

辞書片手に読んでいても、時間がかかり正しいく伝わっているかも分かりません。そんなときに便利なのが翻訳サービスです。知り合いに翻訳できる人がいなくても、インターネットで直接依頼できたりします。急いでいる場合でも昼夜問わず引き受けてくれるところあり、短時間で納品してくれる翻訳サービスもあります。料金が不明だと依頼しにくいですが、定額料金を採用していたりします。

翻訳サービスを請け負っている人にはさまざまな人がいます。プロで翻訳だけで生計を立てている人もいれば、学生のアルバイトの場合もあります。アルバイトの方が単価が安いですが、品質はプロに比べると落ちます。良い翻訳は単純に日本語に書き直しただけでなく、経験や言語能力、翻訳能力の全てが兼ね揃えとあります。一人の人に直接依頼する方法もありますが、インターネットを利用して多くの人から公募で募集することもできます。

公募で多くの人から選ぶと、今までの実績や見積りなどから料金を比較することが可能です。ただし、公募だと人を募るだけの日数や選定など時間がある程度かかります。そのため急いで翻訳する必要がある場合は利用しにくいです。依頼する内容によっては、機密にして欲しい場合もあります。機密保持契約をきちんと結んでくれる人を選ぶ必要があります。また、インターネットで依頼する場合は納期をきちんと守ってもうための人の選定が大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *