翻訳会社の選択

翻訳サービスで中国語を翻訳する際のコツ

経済発展が著しい中国で商売をしようと考えている日本企業は多いですし、同国からの旅行客相手に商売をしている事業者も増えています。

中国人を相手に商売をするためには、日本語を中国語へ翻訳する必要が出てきますが、これにはけっこう難しい問題もあります。一口に中国語と言っても実は色々な言語があり、日本語のように1つだけではありません。

例えば北京語・広東語・福建語などの言語があり、これらは日本語で言うところの標準語や方言というよりは、別物の言語であると言った方が適切です。北京語は一応標準語というような位置づけで、その名の通り主に首都の北京で使われていますし、広東語は広東や香港などの南部の方で使われているものです。

このように中国語といっても色々あるので、翻訳サービスを使うときは、どの言語に対応できるかをしっかりチェックしましょう。また、自分がどこの地域の人達に情報を届けたいのかもしっかりと確認しておくべきでしょう。

広東語地域の人に広告を出したいのに、北京語で翻訳したものを出してしまったら、意味が全く通じなくなってしまうこともありえます。最近は機械の翻訳サービスなども出てきていますが、中国語の場合は機械ではなかなか上手く翻訳されないことが多いです。

1つの語が文脈で動詞になることも名詞になることもあり、機械翻訳サービスでは文脈まで読んで変換するのはまだまだ難しく、へんな文章になってしまうこともしばしばあります。

人力の翻訳サービスを使った方が確実といえるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *